第四期生(2015年)沼田桃佳

2015年9月2日(水)

第八天[9/2星期三] 

工場で働く最終日、最初の作業は梱包でした。前日同様、梱包する部品が多かったです。まだ乾燥したてで熱い、釣鐘のような形の部品と横に長い部品とが交互に流れてくるので、それぞれ梱包材で包みダンボール箱へ入れました。梱包方法が異なるので、部品が変わると意識して手の動きも変えなければなりません。ダンボール箱に封をして、中身などを示す小さな紙を貼り付ける作業もやりました。前回よりはスムーズにできたと思います。梱包材の在り処や梱包の仕方を素早く確認できたり、ダンボール箱の仕切りがずれてしまったときに社員の方がどう直しているのかをよく見ておいたりしたことも、そのためによかったのではないでしょうか。最終日に社員の方とのやりとりがあり、少しは中国語でのコミュニケーション力が上達しているのがわかってよかったです。 

午後は前日の研磨の続きをしました。こちらも慣れてきたのか、前日より苦ではなかったように感じました。ですが、やはり塗膜が完全に取れているか確認しながら、取れていないと何度も磨き直すのは大変でした。神経も力も使う作業です。この時に何度か話しかけてもらいましたが、聞き取ることができませんでした。前日の夜、宿泊先の部屋に南京出身、台湾出身の女性2人が来て少し話したのですが、同じ中国語圏でもこんなに発音が違うのかと改めて驚かされました。研磨作業を16時頃まで行い、最後に記念撮影をして退社しました。 

わたしは今回のインターンシップで初めて中国に来ました。外国には以前、一度だけグアムへ行き、自分の考え方や興味が180度変わるのを感じました。上海では、中国語が思っていた以上に聞き取りにくいことやそれでも伝えようと何度も言い直してくれること、あらゆる場所でのサービスの日本との違い、交通ルール、食文化、街の環境、工場での労働の苦労、工場ならではの中国語(単語)を必要とすること、日本人にも人懐っこく話しかけてくれる人もいることなど、数え切れないくらいたくさんの発見がありました。また、わたしは様々な人が出入りする6人部屋だったので、中国語だけでなく英語なども飛び交っている環境が新鮮でした。週末には観光地を巡ることができ、インターンシップだけでは経験することができないこともありました。これらはすべて、日本にいるだけではなかなか体験できないことです。このインターンシップに参加することができて本当によかったと思います。日本に帰ってから、自分の将来について考えたり、中国語を学んだりするのに役立てます。ありがとうございました。

2015年9月1日(火)

第七天[9/1星期二] 

今日の作業は塗装前の部品の研磨でした。一度塗装してあったものなので、残っている塗膜を完全に剥がさなくてはなりません。ひとつひとつは小さな部品ですが、形が様々でヤスリが入らないような曲線部分もあり、見た目ほど楽な作業ではありませんでした。見落としがないよう何度も目で確認しなければいけないのも大変でした。 

中国の方と話せたのは昼食の時くらいでした。その時は、いつ日本に帰るのかと今日の昼食に入っている食べ物について話しました。緑色をしたゼリー状のものは“yanpi”と聞き取れたのですが、すぐに“羊皮”を思いつくことができず、それで合っているのかまでは確認できませんでした。夜の中国語学習の時間に、その日のできごとを1分間ほど中国語で話すのですが、その時に先生に聞いてみると“凉皮”だったそうです。日本ではあまり見かけないので、また食べてみたいと思いました。また、白米にふりかけのようにしてかけるおかずも分けていただきました。とても辛かったのですが、勧めてもらえて嬉しかったです。 

午後も同じ作業をしました。初めはあまりの多さに終えることができないのではないかと思いましたが、16時30分まで残業(普段は15時30分~16時00分の間には帰るのですが、3(木)が抗日70周年の軍事パレードで祝日になり、4(金)も休日とし3連休になるため残業になりました)して全て研磨し終えました。 

中国語学習の時間には、中国語の初心者と経験者で分かれて、わたしはHSK3級レベルのリスニング問題をしました。上海に来る以前よりは聞き取れるようになったと感じたので、多少の成長はあったと思います。ですが、1、2度で理解できるようにならなければいけないと思いました。上海で過ごして耳が慣れてきたので、日本に帰ってもリスニングの練習をして、上達に繋げたいです。

2015年8月31日(月)

第六天[8/31星期一] 

今日は初めてマスキング作業を見ました。塗装しない部分に丸いシールを貼っていきます。シールを貼った部品の中央は円形に空いている形なので、わたしはその部分にカッターの刃先で✕型に穴を空ける工程を手伝いました。そしてそれがある程度溜まったら、後ろに置いた荷台に積み上げてゆきます。部品に脂が付いてしまうため、塗装前の部品を素手で触るのは厳禁ですが、シールを貼る人は作業を行うために仕方なく手袋を外すそうです。わたしは手で触ってはいけないことを知っていたのですが、それを見て勘違いし、途中まで素手で作業を行ってしまいました。もっと考えるべきだったと思いました。 

午後はその作業の続きと梱包でした。今日は梱包する部品が多く、いつもより人がいたように感じました。やはり梱包の仕方は単純なものですが、ひとつひとつの梱包や、それを詰めたダンボールに封をしたり新しいダンボールを用意したりすることを手際よくしなければならなりませんでした。ですが、不慣れなためにあまりスムーズにできなかったように思います。退社の直前にレーンで回ってきた部品は、午前中から午後にかけてわたしがマスキングで関わらせていただいた部品でした。塗装されてみると、マスキングテープの役割が一目でわかります。そのマスキングテープを剥がす作業のときは、とても多くの人が集まって黙々と取り組んでいて、早さも求められているようでした。テープは剥がす途中で破けてしまうことが多く、残りの部分を剥すのに手間取りましたが、塗装前に触れた部品が塗装されて出てくるのを初めて見たことは、とても新鮮でしたし、どこか嬉しくもありました。それらの部品を梱包し終わったところで、今日は退社となりました。

2015年8月28日(金)

今日は不良品の研磨作業をしました。はじめはどこが不良なのかわかりませんでしたが、ある程度磨いてから確認してもらったときに「こういうのだよ」と教えてもらったのは、とても小さな凹凸でした。それからはその凹凸が無いか確かめながら研磨しました。 

今日の作業場では、たびたび日本語の話題が上がりました。“你好。”から始まり、“谢谢。”や“再见。”などを日本語で何というのかと聞かれ、ひとつひとつ教えました。今までのコミュニケーションは、年齢やいつまで上海にいるのかなど事務的なものが多かったのですが、今日は国際交流的な要素が強いと感じました。日本に関心を抱いてもえるのは嬉しかったです。 

昼食のときには料理に入っている野菜について教えていただきました。日本でも売っているものもありましたが、呼び名が違うものやあまり見かけないものを聞けてよかったです。 

午後も同じ作業でした。部品は変わっていませんでしたが塗膜が変わっていたようで、異なる色、異なる感触で、しかも凹凸をなくすということではなさそうでした。部品の塗装された面全体をヤスリ掛けして、塗装前の色が少し見えるところまで磨くのは思いのほか力を入れる必要があり大変でした。しかし、今日の作業場はよく“你累不累?”と声をかけていただいて、16時まで働くことができました。 

北京でデモがあったこともあり、抗日70周年の式典に向けて注意するよう言われますが、5日間工場で働かせていただいたり街で買い物や食事をしたりするかぎりでは、反日感情はさほど感じられず、親切だと感じる人もたくさんいました。しかし、宿泊所の部屋には日本をあまりよく思っていないということを話している中国人もいました。わたしは残りの日数で、中国の実際(長所・短所・日本がどう思われているのか)を知りたいと思いました。

2015年8月27日(木)

今日の最初の作業は、塗装前の研磨でした。部品に塗膜をより密着させるために、ヤスリで擦って凹凸をつけ、塗膜が接する面積を増やすための工程だそうです。小さく、折れ曲がっている部分がある部品だったので、ヤスリがその形に合わなかったり、ヤスリをかけづらい部分があったりしました。さらに、今まで取り組んできた塗装後の研磨に比べ、これから塗装を行うということで少し違う緊張感があり、また、どの程度まで磨くとよいのかわかりづらい部分がありました。しかし、研磨する前と研磨した後の部品を見比べるとしっかり傷がついていて、変化がよくわかりました。今日もその現場にいた方が話しかけてくださり、中国語で少し会話できたことが嬉しかったです。 

昼食のあとの30分ほどでその作業を終え、梱包作業に移りました。部品によって使用する梱包材の枚数や包み方、一度に包む個数が異なり、ひとつひとつ説明していただかなくてはなりませんでした。今日はあまり話しかけられることはありませんでしたが、わからないことはなんとか質問することができ、答えていただきました。レーンに吊られてくる部品は昨日よりも種類が多く、またその種類はある部品のあと別の部品を挟んでから、また同じ部品が来るということが多かったので、その包み方をひとつひとつ覚えている社員の方はすごいと思いました。「梱包材が手元にあるか」「何個ずつ包むのか」“我们下班。”など簡単なやりとりですが、仕事のことでコミュニケーションが取れるようになってきていることに手応えを感じました。 

夜は薮田社長と駐在員の芳賀さん、社長のご友人、中国語の先生を含む8人で食事に行きました。回転台のついた特徴的な丸テーブルは、知識としては知っていましたが見るのは初めてでした。中国の中でも地域によって訛りがあることも話題になり興味深かったです。さらに、夜の中国語学習で教えていただいたレストランでの注文の仕方も実践することができ、勉強になりました。一日のできごとを中国語で話す練習では、自分に足りない部分が見えてきて、これからの課題がわかりました。

2015年8月26日(水)

第三天[8/26星期三] 

今日は工場内の見学をさせていただきました。わたしは二日間で研磨しかしていなかったので、塗装の過程は特に新鮮でした。脱脂から表面調整など液体を使用する過程だけでもいくつもの段階を踏むことに驚きました。また、作業工程とは関係ありませんが、中国人は日本人より気になったものや人のことは盗み見るのではなくしっかり見るようで、わたしたちが見学している時もむしろわたしたちが見られていて違和感を覚えました。 

作業は大きく分けて梱包と検品でした。初めはあまり話していない印象でしたが、やはりここもしばらくすると会話が尽きなくなりました。想像以上に女性が多いことも含め、日本で抱いていた工場のイメージとは随分違います。 

梱包はすぐに終わり、検品作業が続きました。塗装を終えた部品がレーンに吊られて回って来、それをひとつひとつ目で見て出荷できるか判断します。わたしは不良が見つかった場合の研磨やサンダー掛けをさせていただきました。ヤスリを使った研磨は前日までもしてきましたが、サンダーが思いのほか難しくコツを掴むのに時間がかかりました。女性の方も片手で何気なく使っていたのですが、見た目以上に力の要る機械です。片手で部品を抑え、もう一方の片手でサンダーを扱いますが、回転するヤスリに引っ張られて思い通りの部分が削れず苦心しました。それでも削る部分を教えていただきながら続けるうちに、だんだん思い通りに磨けるようになりました。 

その作業が終わると、小さな部品の梱包がありましたが、仕事を終える時間になってしまい少ししかできませんでした。ですが、前日に習った“我先走了。辛苦了。”を言うことができたり、仕事が切り替わる時に“我应该干什么?”と聞くことができたり、また昼食のときに“这个小份。”とお願いすることができたりと、少しはコミュニケーションがとれるようになったと感じました。 

帰りのバスは乗る路線を間違えてしまいましたが、車掌さんに次のバス停で降りるよう教えていただき、無事正しい路線のバスに乗ることができました。一駅分の1元を払うことになってしまいましたが、いい勉強になったと思います。 

中国語学習の時間は、4人共通で教えたいことがあるということで、引き続き分かれずに教えていただきました。今日は「値引きの仕方」についてです。週末には上海各地に出かける予定なので、使う機会があれば活かしたいと思います。

2015年8月25日(火)

朝は7:00に宿泊所のロビーに集合し、地下鉄(北新泾~終点の徐泾东)とバスに乗りました。その日の夜の中国語学習で教えていただいたことですが、降りる駅や賃金を告げて車掌さんの持つ機械にICカードから先払いするのは田舎のほうだけだそうです。都会のほうは車掌さんがおらず、自分でカードをタッチします。日本よりクラクションを頻繁に鳴らすことなども新鮮でした。9時頃に工場へ着きました。渋滞や乗り換えの時間があるため、2時間は必要でした。 

工場では昨日の続きで研磨を行いました。同じ部品ですが、昨日磨いたものよりも微細な傷が多く、何度も目を凝らして探しました。それでも見落としがあったようで、確認してくださった方に手を加えられることが何度かありました。 

昼食はワンプレートによそっていただく形式でした。スープを自分でよそったあと、プレートで受け取るため列に並びます。わたしはあまりたくさん食べられないことから、4種ほどのおかずから2~3種選ぶか、すべてを少なくしてもらいたいと思い、今日は種類を減らすことにしました。たどたどしく“我要这个和这个。”というようなことを言い伝わっているか自信がなかったのですが、親切に聞き返してくださり、思い通りのおかずをよそっていただくことができました。これも夜の中国語学習の時間に教えていただいたことですが、「大盛り」は“大份”、「少なめ」は“小份”と言えばいいそうで、さっそく使ってみたいと思いました。 

休憩のあと、同じ作業ですが磨く部品が変わりました。最初のものは傷を見つけ磨くというものでしたが、今度のは傷というより凹凸が目立ち、その凹凸もヤスリでは削れないほどのものもあります。目印のシールが貼ってある箇所はわかりますが、そうでない凹凸をヤスリでどれほど削ればいいのかわかりませんでした。また、部品が変わったので箇所によって磨くべきかそうでないのか迷い、“这样的也…?”とヤスリで磨くジェスチャー付きで聞きました。なんとか通じたようで“不用。”と返されましたが、「磨く」「傷」など大学の授業で習わないような、しかし塗装工場で使いそうな単語は事前に調べておく必要があると思いました。それから、部品が変わるとヤスリに付く塗料の色や磨きやすさが変わることから、塗料にはとてもたくさんの種類があると教えていただいていたことを思い出しました。 

15:30になると現場の方に“你下班。”と言われ、先に終えさせていただきました。こういうときに何と声をかけていいかわからず“再见。”とだけ言ってその場を離れてしまいましたが、中国語の先生に聞いたところ“我先走了。辛苦了。”と言えばいいそうなので、これも明日から使いたいと思います。

中国語の教科書に乗っている単語だけでは、工場で作業や挨拶をするのに不十分であることを痛感しました。

2015年8月24日(月)

8:00に最寄駅から地下鉄に乗り、虹桥火车站で両替をする予定でした。わたしたちは上海のほうがレートがよい、ということを聞き、両替をせずに上海へ渡ってしまいましたが、上海でも空港はレートが高かったり、大きな駅の銀行でも両替を行っていなかったりと、日本で済ませたほうがよかったようです。

  虹桥火车站から乗ったバスは、台風による大雨の影響か大渋滞に巻き込まれ、一時完全に停止していました。仕方なく途中で下車し、工場から迎えに来ていただいた車で工場に向かいました。

  工場に着いたのは12時を過ぎていました。まず昼食をいただき、作業着に着替え、各々作業を割り振られます。わたしが行ったのは、返品された部品の傷を磨き、再度塗装できるようにするというものでした。工場の方々は、研磨作業の流れを教えてくださいましたが、慣れない単語が聞き取れず、見よう見まねで取り組みました。彼女たちは明るく、親しみを持って話しかけてくださって、作業についてだけでなく、年齢やいつから上海にいるのかなどを訊いたり、またわたしが“听不懂”だとわかると筆談までしたりしてくださいました。研磨は傷を見つけることに神経を使い、ひとつでも見落としてはいけないという緊張感があります。傷は、自分で見つけなくてはいけないものと、目印のシールが貼られているものとがあり、磨き終えた箇所のシールは剥すのだと知らなかったわたしはそのままにしてしまいましたが、その時もシールを剥がすのを見せて教えてくださり、次は自分でやりなさいという意思が感じられたのが嬉しかったです。作業を終えた部品を隣でチェックしてもらうのは少し緊張しましたが、OKが出ると(出ない場合はこちらに戻されるか、

手を加えてくださるかでした)ホッとしました。また、研磨には普段使わないような筋肉を使うようで、右の脇腹に若干の痛みを感じましたが、日頃からこの作業に慣れている工場の方々は楽しそうに雑談をしていて、わたしも少しは慣れるだろうかという思いと、雑談の内容を少しでも理解したいという思いが起こりました。

  15時30分に作業を終えさせていただき、宿泊先に向かうと、両替と中国語学習を行いました。中国語は挨拶から始まり、自己紹介、タクシーに乗る際の運転手とのやりとり、レストランでの注文や会計の仕方について、会話中心に学びました。中国語を始めてまもなく2年になりますが、日本では教えられなかった、また辞書を引いても出てこなかった挨拶や、本場の発音など、初日から得ることが多くありました。

  わたしは今回のインターンシップで、唯一の女子として6人用の相部屋に宿泊していますが、そこには中国人をはじめ様々な国の若者が泊まります。彼女たちは親切に部屋の使い方を教えてくれたので、わたしも中国語を使ってコミュニケーションを取ったり、後から入室したひとに何か教えてあげたりできるように、工場や街中、宿泊所でよく言葉を聞くようにしたいと思います。