第四期生(2015年)沼田桃佳

2015年9月1日(火)

第七天[9/1星期二] 

今日の作業は塗装前の部品の研磨でした。一度塗装してあったものなので、残っている塗膜を完全に剥がさなくてはなりません。ひとつひとつは小さな部品ですが、形が様々でヤスリが入らないような曲線部分もあり、見た目ほど楽な作業ではありませんでした。見落としがないよう何度も目で確認しなければいけないのも大変でした。 

中国の方と話せたのは昼食の時くらいでした。その時は、いつ日本に帰るのかと今日の昼食に入っている食べ物について話しました。緑色をしたゼリー状のものは“yanpi”と聞き取れたのですが、すぐに“羊皮”を思いつくことができず、それで合っているのかまでは確認できませんでした。夜の中国語学習の時間に、その日のできごとを1分間ほど中国語で話すのですが、その時に先生に聞いてみると“凉皮”だったそうです。日本ではあまり見かけないので、また食べてみたいと思いました。また、白米にふりかけのようにしてかけるおかずも分けていただきました。とても辛かったのですが、勧めてもらえて嬉しかったです。 

午後も同じ作業をしました。初めはあまりの多さに終えることができないのではないかと思いましたが、16時30分まで残業(普段は15時30分~16時00分の間には帰るのですが、3(木)が抗日70周年の軍事パレードで祝日になり、4(金)も休日とし3連休になるため残業になりました)して全て研磨し終えました。 

中国語学習の時間には、中国語の初心者と経験者で分かれて、わたしはHSK3級レベルのリスニング問題をしました。上海に来る以前よりは聞き取れるようになったと感じたので、多少の成長はあったと思います。ですが、1、2度で理解できるようにならなければいけないと思いました。上海で過ごして耳が慣れてきたので、日本に帰ってもリスニングの練習をして、上達に繋げたいです。

评论