第四期生(2015年)沼田桃佳

2015年9月2日(水)

第八天[9/2星期三] 

工場で働く最終日、最初の作業は梱包でした。前日同様、梱包する部品が多かったです。まだ乾燥したてで熱い、釣鐘のような形の部品と横に長い部品とが交互に流れてくるので、それぞれ梱包材で包みダンボール箱へ入れました。梱包方法が異なるので、部品が変わると意識して手の動きも変えなければなりません。ダンボール箱に封をして、中身などを示す小さな紙を貼り付ける作業もやりました。前回よりはスムーズにできたと思います。梱包材の在り処や梱包の仕方を素早く確認できたり、ダンボール箱の仕切りがずれてしまったときに社員の方がどう直しているのかをよく見ておいたりしたことも、そのためによかったのではないでしょうか。最終日に社員の方とのやりとりがあり、少しは中国語でのコミュニケーション力が上達しているのがわかってよかったです。 

午後は前日の研磨の続きをしました。こちらも慣れてきたのか、前日より苦ではなかったように感じました。ですが、やはり塗膜が完全に取れているか確認しながら、取れていないと何度も磨き直すのは大変でした。神経も力も使う作業です。この時に何度か話しかけてもらいましたが、聞き取ることができませんでした。前日の夜、宿泊先の部屋に南京出身、台湾出身の女性2人が来て少し話したのですが、同じ中国語圏でもこんなに発音が違うのかと改めて驚かされました。研磨作業を16時頃まで行い、最後に記念撮影をして退社しました。 

わたしは今回のインターンシップで初めて中国に来ました。外国には以前、一度だけグアムへ行き、自分の考え方や興味が180度変わるのを感じました。上海では、中国語が思っていた以上に聞き取りにくいことやそれでも伝えようと何度も言い直してくれること、あらゆる場所でのサービスの日本との違い、交通ルール、食文化、街の環境、工場での労働の苦労、工場ならではの中国語(単語)を必要とすること、日本人にも人懐っこく話しかけてくれる人もいることなど、数え切れないくらいたくさんの発見がありました。また、わたしは様々な人が出入りする6人部屋だったので、中国語だけでなく英語なども飛び交っている環境が新鮮でした。週末には観光地を巡ることができ、インターンシップだけでは経験することができないこともありました。これらはすべて、日本にいるだけではなかなか体験できないことです。このインターンシップに参加することができて本当によかったと思います。日本に帰ってから、自分の将来について考えたり、中国語を学んだりするのに役立てます。ありがとうございました。

评论